本文へスキップ

    てんとう虫マークの矢野タクシー

TEL. 028-658-7711

フリーダイヤル. 0120-210-555

〒321-0151 栃木県宇都宮市西川田町 1004-13

日光観光SERVICE&PRODUCTS

  観光タクシーのコースにつきましては、ご相談に応じますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

モデルプラン



日光観光について

日光観光地の見どころをご案内いたします

1 「神 橋」      入場料 700円           9:00〜16:30
 二荒山(男体山)をご神体として祀る二荒山神社の建造物で、日光山内の入口にかかる朱塗りの
 美しい木造の橋。朱塗りの橋になったのは、寛永13(1636)年の東照宮大造替のときから。
 現在の「神橋」は明治 37(1902)年に再建され、日本三大奇橋の一つに数えられています。

2
「日光山 輪王寺」 拝観料 400円            8:00〜16:00
 日光山輪王寺は、「日光の社寺」として世界遺産に登録されています。 日光開山の祖である勝
 道上人が四本龍寺を建てたのが始まり。
 日光三山の本地仏を祀るお堂 「三仏堂」は、日光山最大の規模を誇る木造建造物で、千手観音
 (男体山)・阿弥陀如来(女峰山)・ 馬頭観音(太郎山)三体の仏像が祀られています。

3
「日光 東照宮」  拝観料 1300円           8:00〜16:00
 日本を代表する世界遺産「日光の社寺」。 その中でも最も有名な「日光東照宮」は、徳川家康が
 祀られた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」
 で建替えられたもの。境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並び、その豪華絢
 爛な美しさは圧巻です。「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻や、「眠り猫」の彫刻はあま
 りにも有名です。

4
「日光 二荒山神社」 拝観料 200円 定休日(第3月曜日) 8:00〜16:00
 二荒山神社は日光山信仰の始まりとなった古社で、二荒山(男体山)をご神体として祀り、古くか
 ら下野国の一の宮として敬われ、信仰を集めてきました。  二荒山神社の主祭神は、招福や縁結び
 の神様、大己貴命(おおなむちのみこと)が祀られており 現在では縁結びのご利益でも人気を博し
 ている。

5
「憾満が渕(がんまんがぶち)」 
 男体山から噴出した溶岩によって作り出された大谷川沿いの巨岩奇勝である。その南岸には、数える
 たびに数が違うことから「化地蔵(ばけじぞう)」と呼ばれる約70体の地蔵群 があるので、行きと
 帰りにかぞえてみては。

6
「中禅寺 立木観音」拝観料 500円           8:30〜15:30
 中禅寺は、784年 日光開山の「勝道上人」によって創建されたお寺で、世界遺産「日光山輪王寺」
 の別院です。ご本尊は、桂(かつら)の立木を勝道上人ご自身が手彫りされたと伝わる「千手観音」
 様で、そうしたことから「立木観音」と呼ばれています。 また、坂東三十三所 観音霊場の第十八
 番札所でもあります。

「華厳の滝」 拝観料 530円               9:00〜16:30
 中禅寺湖の水が、高さ97mの岩壁を一気に落下する壮大な滝で、自然が作り出す雄大さと華麗な 造形
 美の両方を楽しむ事ができます。エレベーターで行ける観爆台から真近で見る滝つぼは迫力満点。観爆
 台とともに水しぶきが弾ける豪快な姿ができます。

「日光 やしおの湯」入浴料 500円 定休日(木曜日) 10:00〜21:00
 中禅寺は、784年 日光開山の「勝道上人」によって創建されたお寺で、世界遺産「日光山輪王寺」
 の別院です。ご本尊は、桂(かつら)の立木を勝道上人ご自身が手彫りされたと伝わる「千手観音」
 様で、そうしたことから「立木観音」と呼ばれています。 また、坂東三十三所 観音霊場の第十八
 番札所でもあります。




バナースペース

矢野自動車株式会社

〒321-0151
栃木県宇都宮市西川田町 1004-13

TEL     028-658-7711
フリーダイヤル  0120-210-555
FAX     028-666-6183